今朝は9ヶ月になる娘に顔をはたかれて起きました。

顔をたたいてはこっちを見てニコーってします。
一瞬ムッとするんですがその笑顔にやられます。
ズルいですね子供って。
以前お店の上のマンションにお住まいだった方からお電話を頂きました。
昨年、仕事で転勤されて遠いところへ行かれてしまい
泣く泣くお分かれした事をまだ最近のように覚えています。


その方から名古屋へ行く機会があるから寄りたいとのお電話があり
向こうに行っても覚えていて下さったんだと感激しました。
たくさん有るお店の中で記憶に残るお店がいくつあるでしょうか?
うちのような小さな小さなお店でも皆様の記憶に残るお店になり得るんだと
元気と勇気を頂きました。
有り難うございます。


にもかかわらず、お店が満席のためお断りしてしまい
申し訳ありませんでした。


こういう方々のためにこれからも毎日頑張ります
泣き言なんて言いません。
全速力で頑張ります。
先日フランスへ行った時、友人宅へお邪魔した。
そこで友人がとあるフランスの人気番組を録画しておいてくれたらしく
一緒に見る事に。
今フランスでは料理番組の人気が高く、今回見たものも若手料理人が料理を競うようなもの。
毎回お題にそって前菜、メイン、デザートと三品作るらしいのですが
今回のお題がお魚(魚介類全般)を使ったもの。

若手シェフたちはそれぞれ色んな材料を選び、色んな料理を完成させていく。
私も一緒になって何を作ろうか考えていました。

前菜ができ、メインができ、、、
そこからなんだかいやな展開に。



そう、なんとデザートまでも魚介類を使ったもので作ってるんです。
皆さん信じられます?
フランス人の友人もincroyable!(あり得ない!)って叫んでました。

それでもシェフたちは懸命に知恵をしぼってデザートを作っていました。
生のホタテをバニラシロップでマリネして、フルーツと合わせてみたり、
鱈をサフランの香りのシロップで煮て、マンゴーやパイナップルと合わせてみたり。
想像すると美味しいとはとても思えないようなものですが
シェフの皆さんは自信満々で得意げにそのデザートの説明をしています。
そこらはやっぱりプロですね。

そしてそれを評価する人たちがまた面白かった。
そのデザートを食べてうーん、悪くないけど、素材の味が消えて何を食べてるか分からないねって。
魚介を前面に出してデザートってあり得ないでしょって突っ込みたくなるようなコメント。


こんなあり得ない事をやってしまうフランスのテレビ局はすごいですね。
普通なら企画を思いついても実行には移せないと思います。
恐るべしフランス
突然ですがお豆腐が大好きです。
米の代わりに主食を豆腐に変えようかと思うくらい好きです。
今日のお昼ご飯にも豆腐を食べました。

お店の近くに”はぎの”と言う豆腐屋さんがあって
そこの寄せ豆腐が絶品。
薬味や醤油なんて必要ないくらい豆の味わいが濃いんです。
ひんやり冷たくて大豆の香りがしっかりしてほんのり甘いくとろけていく

比較的大きめのよせを大人買いしてしまいました。
これで今夜も明日も当分豆腐だ。
細かい作業と長時間労働
結構体力勝負なこの職業
おかげで肩や腰がパンパン。
今日は夕方時間があったのでこっそり抜け出して
ご近所のライフ治療院へGO!

凝り固まった身体をほぐして頂きました。
ここのライフ治療院さん触っただけで体の状態が分かッちゃうんです
かなりすごいです。職人技です。脱帽です。フランス語で言ったらシャポーです。

そしてまたお人柄がいい。
お話をしててもすごく楽しく、時には悩み事の相談やらお仕事の話やら生活習慣の話やら
親身になって聞いてくれます。
凝り固まった心も解きほぐしてくれます。

おかげさまで心も体もリフレッシュ
短い時間ですがとっても素敵な時間を過ごせました
いつも有り難うございます。

そしてうちにいらっしゃるお客様にもそう感じて頂けるように
私達も努力したいと思います。
ホームページでも告知しましたが
念のため。

通常通り毎週水曜はお休みいたしますので
5月2日はお休みです。
毎月第1木曜日も定休日なのですが
5月3日は張り切って営業致します。
by gourmands | 2012-04-19 23:33 | お店
うまいものを食べるというのも良いですが
料理に合わせてワインを楽しむのもフレンチの醍醐味の一つ。

ワインはよくわからないとおっしゃる方が多いでしょう。
困った時は私、ソムリエいや、ノムリエ吉見に聞いてみて下さい
お料理に合わせてグラスワインで楽しんでもよし。
ボトルを1本開けて料理によって変わるワインの表情を楽しんでもよし。

f0230284_232784.jpg

フランスで購入した戦利品の一部。
惜しくも2本はシェフのスーツケースの中で粉々に割れてしましました。
が!まだまだたくさん残っています。

f0230284_2323559.jpg

中にはなかなか手に入らないものもゲット
以前お客様のお持ち込みで少し頂いて感動したワインです。
香りもスーパーですが、お値段もスーパー

今回パリのカーブオジェで購入したアルマニャックが久しぶりの大ヒット
シェフの好みのどストライクだそう。
選んでくれた店員さんありがとう。
私の頼りないフランス語でこんなベストなものを選んでくれるとは。
皆様にも是非是非味わって頂きたいです。
シェフが飲みきってしまう前に
by gourmands | 2012-04-17 23:14 | お店
直訳すると人生は芸術だ

何のこっちゃと思っていたら
人生を謳歌するような事でした。
いつもの通勤、いつもの会社、いつものメンバー
毎日毎日同じような日々の中にも
自分の心を開けば違った世界が広がる。
全ては自分の受け方次第
どうせ同じ世界を見るならより楽しくより美しくより明るく見ようじゃないか
そして色彩豊かな人生にしよう

art de vivre
何のこっちゃと思っていた言葉に
今はすごく共感する。
by gourmands | 2012-04-14 10:04 | 未分類
f0230284_1515262.jpg

パリで購入したローズウォーターで香りを付けたアイスと
ライチのジュレ、酸味のあるフランボワーズのコンポートと共に。
大好きなピエールエルメのイスパハンをパクって・・
いやいや、イメージして。

f0230284_15152088.jpg

ピスタチオのクレームブリュレとイチゴのエスプーマ
エスプーマとはなんぞやという声が多いと思いますが
エスプーマとは液体状になったものにガスを入れてふわふわのムースにしたもの。
このエスプーマの利点はクリームを加えなくてもムース状になる事。
つまり、素材そのものの味がストレートにふわふわのムースになる。
今回はフレッシュのイチゴ100%をミキサーにかけピュレにして
イチゴのエスプーマに。
ピスタチオのブリュレは市販のピスタチオペーストを使わず
生のピスタチオをペーストにし香りの良いクレームブリュレに
味わいだけでなく
ふわふわ、パリパリ、ねっとりの色んな食感のお楽しみも。

エスプーマ、素材の持ち味を損なわず軽い仕上りにしてくれる優れもの
うちでは頻繁に出てきますので
皆さんしっかり覚えておいて下さいね。
by gourmands | 2012-04-13 17:44 | 料理

パリのセーヌ川にはいくつかの橋が架かっている
その中でも私が好きな橋ポンデザール
直訳すると芸術橋
立地、橋のデザイン、フォルム、色合い。
なんか妙に人々を引きつけるこの橋の魅力は何だろう
f0230284_139031.jpg


ポンヌフのすぐ隣、ルーブルとオデオンの間にあるこの橋
歩行者専用で夜になると色んな所から人が集まり
各々楽器、ワインやビールを持ちより宴が始まる
初対面でも皆友人。2回目からは皆親友

f0230284_139559.jpg

下が木の板でできていてよく見ると隙間からセーヌ川が見えてちょっと恐い


f0230284_139967.jpg

いつの間にか恋人たちがここに鍵をつけて永遠の愛を誓うようになった
僕らがいた頃はそんなのなかったのに
今度いったら付けよう
私達グルマンがいつまでもお客様と良い関係で結ばれるように♪

付けたら報告しますので
皆さんパリに行く際は探してみて下さいね
by gourmands | 2012-04-13 15:11 | 旅行