グルマンもオープンしてから3年半が経ちました。
若輩の私がなんとかここまでやってこられたのも多くのお客様に支えられてきたおかげです。
本当に有り難うございます。

オープンから皆様に大変ご迷惑をかけております駐車場
20席弱のお店ですが5台分しかご用意がなく
それを知らないお客様が4名様で4台でいらっしゃったりして
他のお客様が止められなくなるという事がしばしばございました。
そこで私どもも最善を尽くすべく、ランチタイムは駐車場も予約制にさせて頂きました
ご予約の際に駐車場も一緒に予約させて頂いております。

お車でお越しのお客様には大変ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い致します
by gourmands | 2011-05-31 21:35 | お店
先月行った北海道食材探しの旅
詳しくはこちら
そこで出会った襟裳岬の短角牛が届きます。

霜降りのトロけるような黒毛和牛ではなく赤身で味がしっかりした牛
6月からの新メニューに登場です。
by gourmands | 2011-05-26 14:34 | 料理
名古屋人は喫茶店が大好きだという。

そんな私も喫茶店が好きだ。
カフェではなく喫茶店。
レトロでノスタルジックな空間がやけに落ち着く。
ご近所の人たちが集まり、お客さん同士が顔なじみ
営業の会社員がホッと一息
皆の憩いの場だ。

私の休日の朝もやはり喫茶店から始まる
ちょっと低めのソファーに腰掛けてコーヒーを飲む
何も言わなくてもいつもの定番のセットを持ってきてくれる
愛想がないけどやさしさいっぱいの店のお母さん。
トイレから出ると自然とおしぼりを手渡される。
カフェにはない居心地の良さがある

若い人には出来ないさりげなさ、力の抜けた感じ
仕事というよりも普段の生活の一部になっているような自然体
そういった何気ない人間的な雰囲気が喫茶店の良さだろうか。
by gourmands | 2011-05-21 15:53 | お店

GNP

国民総生産
景気の善し悪しを計るバロメーター
先進国はこのGNP,GDPを上げる事に躍起になっている。
効率のいい仕事、お金が儲かる事。

アジアの真ん中に位置する小さな国ブータン
そこで掲げられているGNH(gross national happiness)
国民総幸福量
国民一人当たりの幸せ度を計ったもの。
経済的や物質的な豊かさを目指すのではなく
精神的な豊かさ、つまりは幸せを目指すために生まれた物らしい。


ブータンでは9割の人が幸福と答える。
日本の方がよっぽど経済的に豊なはずなのに
日本で同じ調査をしたら何割の人が幸せだと答えるだろうか。
GDPに置ける日本の順位がアメリカ、中国に次いで3位なのに
幸福度では90位と書いてあったのを見て少し悲しくなった
日本は自分たちの幸せを削って経済的な豊かさを
得ているのかと思うといたたまれない


ブータンへ行った人の話を聞くと
この国はまるで昔の日本のような風景だという人が多い。
高度経済成長によって得られたものは大きかっただろう
そして、失った物もまたきっと大きかったという事だろう。

これからの日本
皆が胸を張って自分は幸せいっぱいに生きていると言える国になったらいいな

私もまた少しでも多くの人を笑顔に出来るように
自分に出来る事を精一杯頑張ります。
f0230284_1012454.jpg

宮崎県産のマンゴーを丸ごと贅沢に裏ごして濃厚なマンゴープリンに
この宮崎県産のマンゴーの良さを前面に出すため、砂糖やクリームは極力控え
甘酸っぱい滑らかなマンゴープリン。
ココナッツミルクで作ったアイスクリームを添えて。

新しく購入したドイツのローゼンタールの食器のカーブがまたいい感じです。
by gourmands | 2011-05-16 10:17 | 料理
福島の原発による風評被害
お客様がその被害をサポートするため
福島の農家さんから直接野菜を購入したとのことで
うちもお裾分けを頂きました。
キュウリ、ニラ、トマト、ネギ。
このニラ、普通のスーパーで見かけるニラとは違い
超極太。臭みが少なく、さっと湯がいておひたしにすると美味しいと聞いたので
今日はニラを湯がいて、豚しゃぶサラダ。
特製ゆずポン酢とトマト、大根おろしでさっぱりと
たっぷり野菜も取れて美味しい健康ご飯になりました。

f0230284_16165817.jpg



厳しい環境の中こんな美味しい野菜を作ってくれた農家さん、有り難うございます。
そしてそれをうちにわざわざ持ってきて頂いた、梅さん様 有り難うございました。
by gourmands | 2011-05-15 16:18 | 料理
f0230284_12313062.jpg

毎月第1の金曜日にメニューが替わる。
常に移り変わるメニューの中でオープン当初からある一品
和牛ほほ肉と有機野菜のココット煮
白ワインとブイヨンで5時間トロトロに煮込んだほっぺたのお肉と
農家さんが一生懸命作ってくれたお野菜をココットと言う
蓋付きの小さなお鍋に入れて煮込んだお料理。
その蓋を開けるとハーブの香りが立ち上る。

一緒に煮込んだお野菜も味が濃いためお肉にも負けない味わい。
季節によって取れる野菜が違うため、季節によって味わいが変化していく。
それだけ野菜の味に左右されてしまう。
そして春先は畑に野菜が少なくなってしまう時期で
毎年3月4月はメニューから外さざるをえない。

そしてまた今月から復活。
秘かなファンも多いこの一品
グルマンの定番の逸品と言っても過言ではないでしょう!

ちなみに私はお鍋の最後に残ったスープにパンを浸して食べるのが大好き
by gourmands | 2011-05-13 23:49 | 料理
先日ついに新しい食器を買ってしまった。
ドイツの有名メーカーのローゼンタール

うっとりするようなカーブとフォルム。
一目惚れで衝動買いしてしまった。
注文してから2ヶ月がたちついに今週到着。

見てるだけでなんだかワクワクする。
創作意欲がわいてくる。

こういう小さなイノヴェーションっていいですね
いつものお料理がなんだか輝いて見えてきます。
by gourmands | 2011-05-12 16:21 | お店
5月7日(土)から5月のメニューに替わります。

ただいま新メニューの構想を練って煮詰めておりますのでもうしばらくお待ち下さい。
来月は何ができるかな♪

新メニューの構想がいつもギリギリになってしまうシェフでした。

ちなみに5月4日(水)は臨時で営業しております。
by gourmands | 2011-05-04 00:24 | 料理