私はフランスのレストランで4年間働いた。

よく人からなぜフランスで修行する必要がある?と尋ねられる。
そしてよくこうも言われる本場フランスを知るため?と。
数十年前は確かにそうであっただろう。
しかし今はと言えば本場フランスの味をそのまま楽しめるお店はたくさんある。
ならばわざわざフランスに行く理由はない。

それでもフランスを目指すのはやはり外国の文化へのあこがれだろうか。

だが実際行ってみて思った事は料理の勉強よりも
人生の勉強という感じだった。

日本で働いていた頃、仕事は与えられ、言われた事を言われたようにやるのが仕事だと思っていた私は自分の考え方を変えざるおえなかった。
積極性のなかった私がいろんな事に積極的に取り組むようになり
いろんな事に好奇心を持つようになった。
事細かく教えてくれる人はいない。
自分で考え、答えを出し、自ら行動を起こさないと誰もかまってくれない。

21歳の秋にフランスへ渡り自分の周りの友人は皆、大学生活を謳歌している中
私はなぜこんな知人もいない、言葉も分からないところで朝から夜中まで辛い仕事をしているのか?
と疑問に思う事もあった。それでもやって来れたのはただ自分はあまりにも若く無知だったからであろう。

f0230284_2137578.jpg


そんな環境のおかげで少しは強くなれた気がする。
そして少し自分に自信がついた。
オープンして3年半、たくさんの出会いと別れがありました
そしてこの春また新たな別れが。。。
別れと言っても誰かが去っていく訳ではありませんが。
実はオープンからグルマンの接客を担当していたマダムが
出産のため抜ける事になりました。
おかげさまで彼女のファンの常連様がたくさんいらっしゃるのですが
その分、彼女の抜けた穴を残った私達で頑張ってフォローしていきたいと思います。
うちの最年長の吉見と新人の田村がマダムの築いてきたグルマンの接客の意思を必ずや次いでいってくれる事でしょう。
そして、さらにこれからもう一人スタッフを募集したいと思います。
これから新体制のグルマンとなりますが
どうか皆様これからもどうぞよろしくお願い致します。

募集内容は以下の通りです

ソムリエ、ホールスタッフ優遇
*資格*
人を喜ばせる事が好き
相手の立場に立って物事を考えられる。
向上心が有る。
出来ない理由を探すよりどうしたら出来るか考えられる
食べる事が好き

キッチンスタッフも随時募集しております
*資格*
美味しい物を人に食べさせたい
向上心、探究心がある
出来ない理由を探すよりどうしたら出来るか考える
食べる事が好き

個人で経営する小さなレストランです。
少数精鋭で営業を回すため、一人当たりの仕事量は正直負担が大きいです。
しかし、逆に言えばそれだけ任せられる事が多いのでやりがいも大きいはず。
将来独立を考える方にとってはきっといい経験になると自負しております。
私もまだまだ経営を始めて日が浅いため
勉強させられる事が多いですが一緒に上を目指して新しいグルマンを創っていきましょう!!

f0230284_21441995.jpg

仕事は大変だけど楽しくやろう!

詳細はお電話下さい
052-752-3399
オーナーシェフ
伊藤貴也
by gourmands | 2011-04-28 21:50 | お店
グルマンから歩いて5分くらいのところにあるケーキ屋さん
”ブールバールデガトー”
本山や久屋にもお店があり、ミッドランドの地下のdean&delucaにも卸している
有名店

仕事というのは本当に人となりが出るものです。
ここのケーキ達もシェフの人柄が出ています。
ここのケーキを食べて思う事は全体的にやさしいんだけど
ベースとなる芯がぶれる事なくしっかりしているという事。
f0230284_19264829.jpg

味わいはショートケーキをガラスの器に入れた感じなんですが
グラスに入れる事によってショートケーキには出せない柔らかさと滑らかさ。
ベリーの酸味と滑らかなカスタードのやさしい甘さが印象的でした。

f0230284_19265184.jpg

春の新作
中にハイビスカスのジュレが入ったバジル風味のホワイトチョコムース
これ大好き!ハイビスカスのジュレの酸味とホワイトチョコの甘みにバジルの香りがマッチ。すごくバランスよく混在していて感動的な味でした。


ブールバールデガトー 本店
HP

〒466-0022
名古屋市昭和区塩付通1-45-2
電話番号 052-751-8073
営業時間 9:30-19:30
定休日  月曜定休(祝日営業)
by gourmands | 2011-04-25 22:06 | お店
最近はアマゾンなんてところで海外の本が気軽に購入できる。

私は本が大好きで暇があるとよく読む。
もちろん料理の本も大好き。
そんな中でもフランスの料理本はまた格別にいい。

美しい料理の写真がものすごく興味をそそる
実際レシピを読んでみると??これっておいしいのかな?
と、思う事も多々あるがとにかく色が美しい。

花より団子とも言うが
やっぱり美しい物には心を動かされる。

グルマンのトイレにはそんな素敵な本を置いてみました
トイレに入ったら是非一度手に取ってパラパラとめくってみて下さい。
よくわからないけど綺麗な料理、ときっと感じて頂けるでしょう。
by gourmands | 2011-04-24 16:40 | その他
桑名から届くハマグリ
肉厚でぷっくりしてて今が一番美味しい季節
もちろんいいお出汁も出ます。
最近お気に入りでよく買っているのですが
今月はメニューに載せちゃいました。
普段は前菜に使っていたのですが今回はあえてメインで。

ウニと山菜やタケノコと合わせてリゾットに
お出汁はもちろんソースに。

春を感じる一皿になりました。

ハマグリの貝殻は対の殻しか合わさらない事から
昔から夫婦円満の食材と言われております。
私たちもそうですがいつまでも皆様夫婦円満でいられますように。
もうすっかり日差しが暖かくなり
お店の前の桜が散り始め
若葉の緑と残った花びらの淡いピンクのコントラストの美しさ
モネの絵を連想させるようなはかなさ
そんな散り行く桜を見ながら午後のひと時を過ごしました。

さて、もうすぐゴールデンウィークですね

皆様、予定はもうお決まりでしょうか?
グルマンのGWは毎週水曜日お休みを頂いておりますが
4月27日(水)は通常通り定休日を頂きまして
5月4日(水)は営業、5月6日(金)は臨時でお休みを頂きます。
また、5月7日(土)から5月の新メニューが始まります。

f0230284_21331623.jpg

by gourmands | 2011-04-17 21:45 | お店
今回の旅行の締めくくりにえりも岬をぐるっとまわって
岬のすぐそばで短角牛を育てる高橋さんのところへ。
それまでの道中、
f0230284_1744318.jpg

4月の北海道にしては異常な暖かさだったためそこら中の野原から
ふきのとうがピョコピョコ頭を出していました。
襟裳岬は日高山脈の最南端。
日高は昆布で有名なところでもあります。
f0230284_17452595.jpg

海岸線はこんな感じで皆さん
アサリやら昆布やらを取っているご様子です。
f0230284_1744383.jpg

こちらは襟裳岬の先端。
展望台から望遠鏡をのぞくと岩礁には野生のアザラシがたくさんいました。
遠くからみると黒くてナマコみたいな物体が
うにょうにょ動いていました。
f0230284_17445276.jpg

最後はお世話になった高橋ファームの牛と記念撮影。
実はこの牛たち短角牛と言って普通の黒毛和牛とは違うんです。
日本人の好みの黒毛和牛、さしがはいっていればいるほど上質とされていますが
この短角牛は身に脂が入りにくいタイプの牛。
つまり脂が美味しい黒毛に対してこちらは赤身が美味しい牛。
今、レストランの間では脂ののった黒毛よりも赤身のお肉のおいしさが見直されています。
コレステロールを始め健康面での問題もありますしね。
しっかり管理される黒毛和牛に対して短角牛は病気になりにくく
放牧で育てられる事によって身がしまり旨味が増すんだとか。

グルマンでも6月くらいから登場予定です。
もうしばらくお待ち下さい。

今回もご縁がありましていろいろな生産者の方や
美味しい物に出会う事が出来ました。
それを活かして新しい料理を創っていきたいと
意気込んでいる今日このごろでした。
by gourmands | 2011-04-15 18:09 | 食材
やっぱり北海道と言ったら魚介類でしょう。
着いて早々、札幌でお寿司を頂き、
夜は釧路の居酒屋で食事。
釧路は炉端焼き発祥の地らしく炉端焼きのお店がたくさんありましたが
移動でもうすっかり疲れきった私達は駅前の居酒屋で食事。
f0230284_1823178.jpg

じゃがバターとイカの塩辛 私達からしたら妙な組み合わせでしたが
一緒に食べると美味しいです。

f0230284_1822015.jpg

厚岸のアサリの酒蒸し
アサリのいいお出汁とお酒の香りがとてもいいです
その他には何も入ってないんですがそれだけで完成されたお味です。

f0230284_1822470.jpg

行者ニンニクの卵とじ
ちょっと濃いめの味付けの卵とじ行者ニンニクがたくさん入って
ついついご飯にのっけたくなる味わいでした。

何気なく入った居酒屋でしたが、地元の会社員で席はいっぱい
そしてお料理はどれも素材そのものがおいしい!!
なんだか、この素材自体が美味しくてあまり無駄に手の込んだ事をしないところが
フランスの田舎のビストロを思い出す味でした。

やっぱりその土地で取れる物って美味しいですね。

翌朝は釧路の市場へ
ここの市場、面白いのが、勝手丼というシステム。
f0230284_1825799.jpg


ご飯とみそ汁を買って
f0230284_183196.jpg

市場の魚屋の店頭に並ぶ魚や、ウニ、蟹、海老などなどの中から
好きな物を好きなだけ買って丼に出来ちゃうんです。
f0230284_1833471.jpg

こんな感じに仕上がりました。
当然、鮮度抜群!おいしーーい!
f0230284_1833844.jpg

思わず我を忘れて夢中で食べていました。

最後にお世話になった魚屋さんと記念撮影
f0230284_183503.jpg


こちらにも震災の影響があったようで、釧路の港や全国的に有名な牡蠣の産地の厚岸が被害にあったそうです。
震災以降、外国人の観光客もめっきり減ってしまい。
本当に寂しいとの事でした。
by gourmands | 2011-04-14 20:51 | 食材
f0230284_2347825.jpg

釧路で出会った変な顔の魚
ふぐのような、アンコウのような?
見た目は水みずしくてボチョンとした体型。
体のわりに小さな目。
愛らしいマスコット的な外見。

なんて名前か聞かないまま市場を後にしてしまった。

気になる。
by gourmands | 2011-04-09 23:51 | 食材
先日お休みを頂きまして美味しい食材を求め、北海道へ行ってきました!
お店をオープンする前に一度自転車で行った事があったので久しぶりの再訪。

今回も今月のメニューにも載っている羊飼いの山村さんのところへお邪魔しました。
とっても気さくな山村さん。ニュージーランドに憧れて羊飼いになったとか。
f0230284_2344539.jpg

f0230284_2344503.jpg

こんな広い広い道をどんどん登って行ったところにある牧場。
f0230284_2344355.jpg

人懐っこい仔羊たちが出迎えてくれました。
指を出すとおっぱいと間違えて吸ってくる。
f0230284_2345825.jpg

生まれて2日目の赤ちゃん。生まれて数十分で立ち上がり
2日すればもう普通に歩き回ります。
たくましい。
f0230284_23452711.jpg

その他にもジャージー牛の仔牛も。

動物たちもそれぞれキャラクター豊かで
知らない人の訪問に興味を持つものもいれば、警戒心を抱く者もいるし
全くおかまいなしの者もいる。
f0230284_2345442.jpg

このコはジャージー牛の親牛。美味しそうに草を食べています。

f0230284_23455068.jpg

刈った羊の毛。
羊は毛が抜けて生え変わらないらしいです。
人間が刈ってあげないとどんどんどんどん伸びていって湿気を含んだ
毛の重さに耐えられなくなって死んでしまうらしい。
f0230284_23455581.jpg

刈った毛をこうやって紡いで毛糸にしてニットになるんですって。

戦後、羊の毛をとるために北海道で飼い始めた羊。
毎年毎年、毛をとって年老いた羊は食用にまわっていた。
大人になればなるほど独特の羊臭さが出てくる。
それをうまく食べるために出来た料理がジンギスカン。
濃い味付けのたれに漬け込んで匂いを消して焼くのですが
やっぱりなかなか苦手な人も多く、
それが理由で羊嫌いの人も増えたはず。

今は綿羊というよりむしろ食用で飼育する人が多く
グルマンに届く羊も6ヶ月ほどの仔羊。
羊の独特な香りが好きな人には物足りないかもしれませんが
それが苦手な方や、まだ食べた事がない方にはお勧めです。
赤身の美味しさと繊維の細かく柔らかい身質。
輸入物とはやはり格段と違います。

今回は他にも生産者さんを訪ねましたが、それはまた次回。。。
by gourmands | 2011-04-09 00:19 | 食材