カテゴリ:シェフのつぶやき( 135 )

忙しいやら時間がないやらを理由に
このブログから少し遠のいていました。

お客様から最近ブログ更新してないねって言われます。
でも忙しいし、大変だからしょうがないよねとも言われます。
そんな言葉に甘えながらさぼってました。

こんなブログでも読んでくださっている方がいるのなら
もう少し真面目に綴っていこうと思いますので時間がありましたらたまにのぞいてみてください。
シルバーウィーク爽やかな天気が続いていますね。
お出かけされる方も多いのではないでしょうか??


グルマンはありがたい事にご家族でいらしてくれるお客様が多いです。

後半も頑張って行きましょう!
来週のシルバーウィークは休みなしです
23日(水)も営業です

今のところ、20日(日)以外
まだまだお席に余裕あります。
よろしくお願いします!!

今月はブログさぼっていましたすいませんでした!!

今月のディナーの前菜は
サワラです。
師崎で揚がった一本釣りのサワラです
低温調理でしっとりと仕上げ、秋なすのピュレと松茸を使った秋らしい前菜となりました。


ちなみに今日のまかないは余った松茸で松茸ご飯にしました
サンマの塩焼きと共に秋のごちそうでした。
ご飯大好き平野さんは一人で1合以上たいらげました。
2泊3日でブルゴーニュワイナリーツアー

この本かなり面白いな。
f0230284_23394282.jpg


フランスのワイナリー訪問について、細かなドメーヌや連絡先、地方のレストラン、バー、ワインショップなどなど、僕の欲しかった情報が全部載っててすごく参考になりました。

本屋さんに頼んだらもう絶版だったらしく
Amazonで購入。定価よりも高くてびっくり。
お盆も明けてすっかり静かな今週

忙しい日もあれば暇な日もある
前はそんな事に一喜一憂していた。

しかし、暇な日にどんな時間を過ごすかが大事だと
昔、働いていた店の社長に教えられた。

今週は営業は静かだが普段できない仕事が盛りだくさん
なかなかと忙しい。
体よりも頭を使う仕事が多い。
頭を使う仕事が多いと普段よりも疲労感が多いのは僕だけでしょうか?


頭が疲れると僕はマラソンをする
お店でじっと考え事をしているより
体を動かした方がいいアイデアが生まれるし効率が良い


昨日走ってて思った事は人生はマラソンのようだ
ゴールのないマラソン
じゃあ目的地がないなら何の為に走るのか
早く走るのか、遠くまで走るのか、のんびりゆっくり歩くのかは人それぞれ
何が正しくて、何が間違いとかは僕にはよくわからない


昔はとにかく早く、とにかく遠くにと思っていた。
でも、子供が産まれて、家族ができ
今は一緒に共に走る事に喜びを感じるようになった


昨日はそんな事に気づかされた一日だった
先日の休みに娘と甥っ子を連れてプールに行きました。

普段は平日休みで一般の人たちとは違う時間で動いている為
どこへ行っても混雑する事はないのですが
ちょうど今回はお盆の時期

どこへ行ってもすごい人
プールはすごい人!久しぶりに見るこんなに人が集まる景色。
ご飯食べるのにも並ぶし、トイレ行くのも並ぶ!!
活気のある空間に行き元気をいっぱいもらいました。


久しぶりに一般家庭のお父さんのような事がしてあげられた気がします。


普段は仕事の事ばかり考えてるし、あまり遊んであげられないので
普通の幸せを感じられました。


さて、リフレッシュできたし
お盆ははりきって営業中!!
うまくいく日もあれば
うまくいかない日もある

それが人生
でもどうしたらうまくいくか毎日を省みる事
それが大切

一歩づつ前進するために
自分はその時どうすれば良かったか

何をした結果しなかった結果
どうなったか


急激に変化する事なんてできない
一歩づつ前進するしかない

人のせいにしてもしょうがない
全ての物事を1人称で考えよう

僕が。。。すればもっとうまくいった。

過去と他人は変えられない
変えられるのは自分と未来だけだ。


今やらなければいつやる?

今でしょう!!ってもう古いか?
お料理をされる方なら分かると思いますが
料理を作ると言うのはとっても手間と時間がかかる。

僕らもお客さんの為にその手間ひまを惜しまずに料理を作る。
でも、限られた時間で、限られた人数で出来る事にはやっぱり限界がある。

その限界を超える為にはどうすればいいか?
僕は修業時代から人数が少ない割に莫大な仕込み、仕事量を抱えるお店で働いてきた。
そのせいか、自分で工夫をする事を覚えた。

同じ時間を使っていかに効率よく仕事を進められるか
仕事の無駄はないか?同じ行程で出来る仕事はないか?
徹底的に作業を分析して、とことん無駄をなくす。
今まで教えられて来た事でも
果たしてそれがそこに必要なのだろうかとまず考える。
その作業を行うメリットをしっかり考え必要ならばやる
必要でなければ思い切ってやめる。
だから僕の料理行程はかなり自分流にアレンジされているし
スタッフにも自分の仕事に手間をかけるならその手間が
きっちりお客様に伝わるような事に手間をかけろと教える。

そして無駄な手間を省いた分一手間かけた料理を提供出来る。
その分メニューを一品増やせたりする。
自分が楽をする為ではなく
ちゃんとお客さんに還元する為に無駄をなくす。

営業中もそう、とにかく無駄を出す事が嫌いだ。
ガスもこまめに切る、水道の出しっ放しをやめる
働いている方からすれば窮屈で小うるさいと思うだろう。
しかしそれが仕事に対する誠意だと僕は思う。

時間とお金をかければその分
料金に上乗せをするのは周知の事だ
それを自分の工夫次第でなんとかできるなら
僕は知恵をしぼってない頭をひねって解決策を考える

それが零細企業、個人事業主の働き方

僕にとっては当たり前の事ですが、これってブラックなんでしょうかね??
世の中たくさんの物があふれている昨今

壊れた物は新しい物に買い替えるこれが世の中の常識になりつつある
お店屋さんにいっても直すより新しい物を買った方が早いですよと言われる事が多い
確かにその方が手間がかからないかもしれない
でも僕は出来れば直して使いたい

壊れたら直す。
大事な物は長く使う
これは当たり前の事だと思う。

工業製品で大量に作れるとしても
作ってくれる人がいる
そしてそれを売っている人がいる
たくさんの人の手を借りて僕らの手元に物が届く
それを大切にしたい。

今日はチップしたカクテルグラスを直すため
マキタの研磨機オービダルサンダーを購入
これで磨きまくりだぜ
f0230284_22353462.jpg


あ、けしてケチな訳じゃないですよ
僕らは肩肘張らないような
気軽なレストランを目指しています。

しかし、気軽なレストランとはなんだろうか?

僕らが考える気軽なレストランとは
お客様が気軽に楽しめる事
あれこれ考えなくてもいいように
あれこれ気を使わなくてもいいように
お客様の代わりに私達が気を使う事
ご予約の段階でどんな方からのご予約か?
どんなシーンで利用するのか?
それによって席の配置を考えたり
お店は暑すぎないかな?と考えて空調をこまめに設定したり
お客様に「すいません!」となるべく言わせないように
不自由がない事を目指して
日々随所に気を配っています。


時々「どんどん出して下さい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
お忙しいのか、料理を待つ時間が苦手な方なのでしょうか?
出来ない事ではありません。
でも私たちはベストな状態でご提供できるように朝から
物によっては何日も前から用意しています。
それがテーブルの上で泣いているのを見たくはありません。
また、1組の方の要望に応える為に他のお客様をお待たせしたり
ご迷惑をおかけするわけにはいかないのです。


お客様の様々な要求に応えきれないと言うのは
スタッフが少ないことを理由にしていますが
それは個々の能力が低いからでしょう。
ですから私たちは”自分たちのお店を持つ”という夢を叶えましたが
決して今の自分に満足している訳ではありません。
まだまだ人間的に未熟なところもあります。
日々、精進です。まだまだ育ち盛りです!!



そして、もう一つ
求人をご覧になった方々

私達はお客様にって気軽なお店を目指しています
それは従業員が気配り、心配りができて初めて成り立ちます。
なので気軽なお店=働くのも気楽なお店ではありませんので
ご注意ください。

人に物を教えると言う事は
自分がその物事の本質を理解していないと
教えられません。
作業は簡単に教えられます。
でも、本質を理解せずにただ作業をこなしても
そこに魂(心)は宿りません。
私たちはまだまだ未熟者です。
でもだからこそ、これからの若い世代の同志たちとともに
自分たちも成長していきたいのです。