今回は多くの時間を頂いてフランスへ行けた事。
それにあたり多くの人が僕らの旅を助けてくれた事に心から感謝いたします。
そして今回得た経験、知識、刺激をこれからの営業に活かしていきたいと思います。


今回のフランス研修一番の目的は
ワイナリーへ行くことでした
f0230284_1724352.jpg


もともと僕はお酒があまり飲めません。
そのせいでお酒を飲むこと自体あまり好きではありませんでしたし
興味もありませんでした。

21歳の頃の僕がフランスへ渡り初めてレストランで初めて飲んだワイン
ブルゴーニュのワイン、ボーヌのクロドラロッシュ1988。
ドメーヌまでは覚えてないですが
そのクラクラするような香りといつまでも続く余韻に感動した事は今でもはっきりと覚えています。
今まで飲んでいたワインはなんだったのだろう?
なんでこんなにまろやかで香り高いのだろう。
当時の僕はそんな事を感じ
とりあえずブルゴーニュへ行きました。
当時はフランス語もほとんどわからずワイナリーを見学するなんて事考えた事もなく。
とりあえずどんなところでワインを作っているのかとういう好奇心だけで
コートドールを3日かけて歩いて回ったのを覚えています。

そんな事がきっかけでワインを好きになりました。

地域やブドウの品種が違えば全く違うものができるのは納得ができるが
同じ地域でも作り手によって全く違うものになるワイン
同じ生産者でもヴィンテージよって違う表情になるワイン
同じワインでも時間の経過によって香りが変化していくワイン
同じワインでも一緒に食べる食事によってワインの印象はガラリと変わる

なんでこんなに複雑で奥が深いのだろう
なんでこんなに色々な表情を持っているのだろう
知れば知るほど興味がわく。
僕はまだまだそれほど多くのワインを飲んでいるわけではないし
知識もまだまだ浅い。

その知識を少しでも深めようと思った事が今回のフランス研修の目的である。
多くの人の力をお借りして本当にいい経験ができたと思います。
by gourmands | 2015-10-29 17:30 | 旅行
朝教会の鐘の音で目を覚ます。

秋も深まり晴れ渡る秋の風が冷たく乾いて肌寒さを感じる

朝市には茸が並び春の訪れを感じる。
f0230284_1640749.jpg



f0230284_1634880.jpg


この日はぶどう畑の見学とワインの蔵訪問
f0230284_1635092.jpg

お決まりですがロマネコンティの畑で記念写真
f0230284_1635354.jpg

ジュブレシャンベルタンのルネルクレールさんの蔵を見せてもらいました。
この時期はぶどうの収穫も終わり、醸造のまっただ中の忙しい時期。
この日は醸しが終わりぶどうをしぼっている所。
プレス機をまわして回し終わったぶどうの搾りかすは
まだほんのり湿っていました。あまりぎゅっと絞るとぶどうの皮や種のタンニンが出過ぎるのだとか

そこから別のタンクに移し、樽に入れるそうです。
f0230284_16361234.jpg


ぶどうは上になっているぶどうは収穫せず、下の方のぶどうを収穫するそう。

蔵では2015年に収穫して作ったばかりのヌーボー色んなキュベを試飲させて頂きました。
ブルゴーニュはテロワールの表現が強いと言いますが
もう既にこのときには違いが見て取れます。

2015年は非常に暑く、ぶどうのなりが大変良かったそうです。
いつもよりも早くぶどうを収穫したそうです。
それでもぶどうが完熟しすぎると糖度が上がりすぎて
アルコールが高くなりすぎるみたい。
ブルゴーニュではアルコールが高すぎるワインは認められず
そうなると水を入れて薄めるようです。
なのでぶどうの収穫時期は非常に判断が難しい年だったとおっしゃっていました。


忙しいときに対応して頂いてありがとうございました。
おかげ様で大変貴重な経験をする事が出来ました。
by gourmands | 2015-10-05 16:55 | 旅行
続きましたねぇ

ようやく続きを書く事ができました

バンコク&アユタヤです
家族で過ごす時間を多く取っていたので観光はほとんどしず。
ホテルでゆっくりしたり皆で遊んだりして過ごしてました


それにしてもバンコクはすごい人の数
観光客も色んな国の人がいるし
新しいビルからさびれたバラックや屋台やらなんやらと
人も物も建物も色んな物が混沌としていた

夜はチャオプラヤ川の上でディナークルーズ
バンコクの夜景をみながら飲んで食べて踊った

翌日の最終日はアユタヤに出かけた。
古い遺跡の街。どことなく昔行ったポンペイに似ていた
歴史や遺跡にはさっぱりだったので
象に乗った
f0230284_1261374.jpg

意外と高いし、結構揺れるけどかなり楽しかった。
娘と三人で大はしゃぎ
象の目はつぶらでとってもキレイ

最後は象にチップを渡す。象は長い鼻で器用にお金を持って行きました
とっても楽しい夏休みになりました


帰りの飛行機ではみんな疲れてぐっすり。
でも僕だけは何かあたったみたいでお腹が痛くて一人うなっていました。
by gourmands | 2013-08-04 12:32 | 旅行
お客様から旅行どうだったと聞かれる事が多いので旅行のご報告を

うちの娘は初めての海外旅行、初めての飛行機で大はしゃぎ。
でも飛行機の中では割とおとなしくしてくれていました。
映画に夢中
f0230284_22323079.jpg


f0230284_22354568.jpg

空港に到着したらやっぱり暑い!
だけど名古屋の夏とあんまり変わらないかも

f0230284_22372324.jpg

兄の住むコンドミニアムからの景色
プールもジムもついてお掃除してくれるメイドさんもいてなんて贅沢な暮らしなんだろう。

海の上に家があって実際に人が住んでいるみたい。
高波とかがあったらどうするんだろう。。。

f0230284_22415811.jpg

シェフが大好きなトムヤンクン
とっても爽やかなハーブの香りがいいですね
でもしっかり辛くて汗だく。


お腹が一杯になった後はマッサージ

f0230284_2245782.jpg

素敵な空間と素敵なアロマでリラックス
f0230284_2246710.jpg

たくさんの中から好きなアロマを選んで
アロマオイルマッサージ
シェフは爽やかな柑橘系の香りを選んだんですが
マッサージ始ったとたんに爆睡で選んだ意味があったんだか無かったんだか。

特に観光をする事無く
有意義な時間を過ごしました。


つづく。。。
     かな?
by gourmands | 2013-07-26 22:50 | 旅行
第1の連休を利用してちょいとお出かけ。
飛騨高山に行ってきました。

今回の旅行のテーマは何もしないこと。
いつもは色々計画を立ててあっちいったりこっち行ったり
あれ食べたり、これ食べたりと
休みにいってるのか疲れに行ってるの良く分からない事が多くて
今回は泊まる旅館だけ決めて後は特に何も決めずに
ゆっくりする事だけを目的に。
のらりくらりと楽しんできました。


旅館はお部屋での食事。
子供連れでも気兼ねなく食事を楽しむ事ができました。

旅館はとっても落ち着いたお部屋で
従業員の方達の接客がすばらしく、感動しました。
スタッフ全員がお客様をおもてなししようという心意気が
ひしひしと伝わってきます。

すばらしい接客でした。
おもてなしとはどういう事か、お客様の事を本気で考えるというのはどういうことか
というのを教えられました。

とっても良い経験をさせて頂きました
有り難うございます。


今回泊まった旅館は花扇さんの別邸いいやまさんでした
f0230284_16435118.jpg

最後にちょっとだけ街の写真を。
橋の赤と山の緑と空の青がくっきりしててとてもキレイ。
by gourmands | 2012-06-08 16:45 | 旅行

パリのセーヌ川にはいくつかの橋が架かっている
その中でも私が好きな橋ポンデザール
直訳すると芸術橋
立地、橋のデザイン、フォルム、色合い。
なんか妙に人々を引きつけるこの橋の魅力は何だろう
f0230284_139031.jpg


ポンヌフのすぐ隣、ルーブルとオデオンの間にあるこの橋
歩行者専用で夜になると色んな所から人が集まり
各々楽器、ワインやビールを持ちより宴が始まる
初対面でも皆友人。2回目からは皆親友

f0230284_139559.jpg

下が木の板でできていてよく見ると隙間からセーヌ川が見えてちょっと恐い


f0230284_139967.jpg

いつの間にか恋人たちがここに鍵をつけて永遠の愛を誓うようになった
僕らがいた頃はそんなのなかったのに
今度いったら付けよう
私達グルマンがいつまでもお客様と良い関係で結ばれるように♪

付けたら報告しますので
皆さんパリに行く際は探してみて下さいね
by gourmands | 2012-04-13 15:11 | 旅行
パリの北側のちょっと変わった所にあるレストランでランチ
f0230284_23174520.jpg

ポップでキッチュな内装
お料理もそんな感じ。
シェフは昔ロイヤルモンソーでシェフをやられてたイケメンシェフのクリストフ。
この日はシェフの姿が見当たらない。
まさかお休み?と思ったら
サービスの人が彼なら2月で辞めたよ。と一言
えーー?!そんなの有りですか?
オープンから数年で一つ星、二つ星を獲得していき
まさに破竹の勢いのレストランだったのに。
ずっと行きたくて、でも予約が取れなくていけなくて
ようやくここまでたどり着いたのに。

恐るべし。
まぁ気を取り直して食事を楽しみましょう
f0230284_23175422.jpg

蟹とアヴォカド
f0230284_23175662.jpg

ビーツとレフォールのサラダ
ビーツのほのかな甘みとナッツの香り
レフォールの辛みと甘みが全て一体となって何でもない一皿なのにすごく美味しい。
感動です。
f0230284_23175814.jpg

フォアグラ
絶妙な火入れ 
下にはポルト酒で煮た大根とカツオだしのスープが。
f0230284_2318242.jpg

店内はオープンキッチンで
厨房スタッフが忙しそうに動いています。
なんと今のシェフは日本人の方そして2番手もパティシエールも日本の方
頑張れ日本人
f0230284_2318986.jpg

お魚はアンコウ
見た目は特にインパクトのない感じだが
これもまた火の入れ方がすごい!普通に焼いたのでは考えられない食感で面白い。
f0230284_23181022.jpg

最後は鳩
見るからに生っぽい。
これほどレアな鳩はあまり好みではない
もう少し焼いてもらおうかと思ったが食べてみて納得。
見た目これほどレアなのにちゃんと火が入ってる!
ミスター味ッ子風にいうとウーマーイーゾー
この火入れ具合はもう達人級ですね。

ここのお店はお任せのコースのみ
最高の食材を最高の状態で出すという事に徹底しています
シェフが変わってしまったのは残念でしたが
そんな事関係ないくらい楽しめました。

皆さんも今回のフランス旅行記
楽しんで頂けましたか?
by gourmands | 2012-04-10 23:48 | 旅行
最終日の朝
f0230284_15235040.jpg

ピエールエルメ
定番のフランボワーズとライチとバラのマカロン昔友達に教えられて買ってみたらビックリする位美味しくてそれ以来虜に。
抹茶と小豆のマカロンと、チョコレート。
f0230284_15235124.jpg

こちらはむかしよく行ったパンドシュクル
今回行ってみたら、隣に大きなお店が出来てました。チョコレートのタルトが絶品。
見た目はただのチョコレートタルト
しかし中にはプラリネや、サクサクしたロイヤルティーヌが。甘さも控えめで素晴らしい。もう一つはルバーブが入ったタルトに何か花の香りのするムース。
グラスに入ったやつはパイナップルとマンゴーのジュレとココナッツのムース。
どれも甘さが控えめでムースも軽さがあり食べ疲れしない。

今日は朝からこんな感じでスタート
by gourmands | 2012-04-05 15:22 | 旅行
今夜はパティシエ吉見と共にシェミッシェルへ。ここはブルターニュ料理の店。
店の雰囲気もなんだか潮の香りがしそうな内装。

f0230284_637633.jpg

前菜のアスパラのサラダ。
グリーンとホワイト両方が乗っていて、
それぞれを活かした火入れ。
グリーンは食感が残る位軽く茹でてあり、
ホワイトは甘みがしっかり出る位柔らかくとろりした茹で加減。

f0230284_637734.jpg

メインは豚のコンフィとブルターニュ産オマールのスープ仕立て
オマールの香りのスープの中に豚のコンフィや野菜がたっぷり。
f0230284_637856.jpg

吉見のメイン
オススメのピジョン
ローストされた胸肉と、軽く煮込まれたモモと、胸。
肉を食べるとフランスってやっぱり肉が美味しいって思う。

f0230284_6371024.jpg

デサートはパリブレスト。
バターとキャラメルがしっかりと。
これは吉見の作った方が軽さと爽やかさがあって好きでした。


今日は昼夜レストランに行ってカロリー摂取し過ぎてしまったので明日は朝からジョギングです。
by gourmands | 2012-04-03 06:20 | 旅行
f0230284_7384264.jpg

マダムと子どもを置いて今回は一人で旅立ち。
空港に来るとこれからどんな素敵な出会いがあるかと思うとなんだかワクワクする。

何か面白い物発見したら随時アップして行きたいと思います!

それでは、いってきまーす
by gourmands | 2012-04-01 07:30 | 旅行